こむら返り対策グッズ

2011年08月28日

こむらがえりの治療

こむらがえりの治療方法ですが、私の場合、「あ、こむらがえりだ」という瞬間に、足をすばやく縮めて、土踏まずを強く押します。

すると、半々くらいの確率で、激痛を回避することができます。「承山」と言うツボと関連しているらしいです。日ごろ押し慣れていないツボなので、いざというときに力を入れにくいのですが、もっと強く押せば、確率はあがりそうです。日ごろから、寝る前など、このツボを押す練習をしておくのも良さそうです。

ツボを押すも空しく、こむらがえりになってしまった場合は、立ちあがって、壁に手をつき、アキレス腱を伸ばす要領で、ふくらはぎを伸ばすと落ち着きます。

それもままならないほど痛い場合は、まず、ふくらはぎを手でよくマッサージして、血行をよくして落ち着かせます。

いずれにしても、時間が経つと治るのですが、酷いときには、半日くらい片足を引きずっていたりしますね。

さすがに両脚同時というのはいままでに経験したことはありません。左右の片寄はあるようです。私の場合、どうも右が多いような気がします。くせになっているのでしょうか。
【こむらがえり治療の最新記事】
posted by こむらがえり at 21:39 | こむらがえり治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こむらがえりの原因はカリウム

こむらがえりの原因のひとつにカリウムがあげられます。

カリウム不足が、こむらがえりの原因のひとつと考えられています。

こむらがえり予防の一つの手段として、カリウムをはじめ、カルシウム、マグネシウムなどの電解質を摂取するといいでしょう。

そのためには、野菜や果物、海草類、牛乳、小魚などをバランスよく食べることをおすすめします。特にバナナにカリウムがよく含まれているようです。バナナならば、摂取も簡単です。ただ、カリウムを取りすぎるのも問題があるようなので、ほどほどにしましょう。

カリウムの多い食品を調べてみますと、バナナの他に、パセリ、こんぶ、わかめ、にんにく、モロヘイヤ、ほうれん草などがあげられます。

すべての疾患にいえることですが、基本は、健康的な食生活。こむらがえりといえば、単に筋肉がつる状態だと思われがちですが、実は、体の内部から深く関係しているのです。

posted by こむらがえり at 10:22 | こむらがえり原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

こむらがえりと漢方

こむらがえりの漢方としては、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)という薬があります。即効性があって、飲んで早ければ数分で、こむらがえりの発作が治まります。ただ、甘草という成分が入っているのでたくさん服用するとむくみが出たり、血圧が上がったりします。長期の服用には注意が必要です。

糖尿病によるこむらがえりの症状にもこのこむらがえりの漢方・芍薬甘草湯がよく使われるとのことです。

この芍薬甘草湯という漢方は、かなり守備範囲が広く、こむらがえりの他にも、胆石、腎結石などからくる腹痛や坐骨神経痛、腰痛、五十肩などの筋肉痛、その他、アキレス腱を痛めたときなどさまざまな筋肉痛に効果があるそうです。

ただ、あまり薬に頼りすぎることなく、ストレッチやバランスの良い食事摂取などで、まずはこむらがえりにならないよう予防することが肝要ですね。

★芍薬甘草湯通販★
posted by こむらがえり at 21:18 | こむらがえり治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。